ゾッとする怖い話

怖い話のまとめ

恐怖の誕生日

弟の10歳の誕生日。僕はその二ヶ月前に12歳になっていた。
家族でささやかなパーティー。
父母僕弟の四人で、テーブルに置かれた、普段よりずっと豪華な食事を囲んだ。

テーブルの真ん中にはケーキ。甘いものが好きな弟は何より先にそれを食べたがった。


続きを読む

赤ペン

最初にそれが起こったのは、今から3年前。私が高校2年のときでした。 
学期末のテストを控え、その日は深夜までテスト勉強に追われていた私。
多分、何かの問題集をやっていた時だったと思う。 
ちょうど1ページ終わって、自己採点しようと、机の隅に置いてあった赤ペンに手を伸ばした。 

カツン カラカラ・・・ 


続きを読む

変な高校生

俺コンビニで早朝バイトしてる20代なんだが
7時45分から8時15分くらいまで高校生ピークなわけよ、すぐ近くに高校あるしさ。 
その時間になるともう戦場で学生服でごった返し 
他の常連客なら毎回買うもんとか性別やら体格で顔覚えられるから 
「いらっしゃいませ」のほかにも軽く会話とかすんだけど流石に高校生は無理 

せいぜい「おはようございます」とか条件反射で付け加えちゃうくらい。 
当然高校生無視。
俺ちょっと寂しかったり(←女子相手)
ムカついたり(←男子相手) 
するわけで(笑)


続きを読む

ブラックリスト物件

知り合いの不動産業者に聞いた話。 
伊集院が部屋を探す時だったか、そのテの話を仕入れようと水を向けてみたそうで。 
やはりブラックリストを作成しているらしい。曰く付きの物件の。 
キツいのは業者でなすりあいになるんだったか、その回避の為のブラックリストだったかで(ここ空憶え)、
そのうち一つの話。


続きを読む

大食い

僕がこの話を聴いたのはあるファミレスでだった。 
サークルの皆でちょっとした遠出を決行する事となり、 
メンバーとの待ち合わせを駅前でしていた。 
仲間の一人が親のすねで新車のミニバンを買った事がきっかけだったと思う。 
しかし、実際に時間通り現れたのは僕とY二人だけだった。 
比較的駅から近い場所に住んでいた僕とYは他のメンバーと違い、 
直ぐにつく事が出来たわけだが、僕等の他の皆はバンに乗り合わせたため渋滞にはまり、まだここに着くには暫く時間がかかるといわれた。 
仕方なく僕らは近くのファミレスで時間を潰す事にした。


続きを読む


記事検索
カテゴリー
メールフォーム