これは15歳の時、本当に体験した話。

俺の実家は海沿いの田舎町なんだけど、メチャ綺麗な海が有名なんだけど、色々とイワクがあるんだよね・・・
幼馴染のKの実家は代々続く名家なんだけど、
『そこの家の嫡男は、15才の誕生日に海に近づくと命を落とす』って言い伝えがあったんだ。

死ぬって言うのは、海神(地元の言い伝えでは美しい女)が死んでしまった自分の子供を生き返らせようと、選ばれた家の嫡男の魂をもって行くって話しなんだけど、 俺もKも眉唾だと全然信じてなかったんだよね。

誕生日当日、Kは学校を休んだ。
俺は昼休に学校を抜け出して、様子を見に行った。

Kの家に着いて呼び鈴を押すと、Kの母親が出てきた。 話を聞くと、今日は大事をとって家の座敷に缶詰状態らしい。

Kに会いたいと伝えると、「今日で最後かも知れないから・・・」と、家に上げてくれた。

俺はそんな与太話本気で信じてるのかと思ったが、町中その噂で持ちきりだったので、ナーバスになるのも仕方ないかと、座敷に向かった。

座敷の前にはKのオヤジと爺さんが、ふすまの前に厳しい表情で座り込んでいた。

俺に気づいた二人に軽く挨拶をし、Kに会いたいと伝えると座敷に通してくれた。

ふすまを開けると、缶ビール片手にくわえタバコのKが、ダビスタに夢中だった。本人は全く緊張感が無く、何故かホッとした。

Kが俺に気づき、オウといつもの様に挨拶を交わした。しばらくは下らない話しをしていたのだが、Kが急に「なぁ今日本当に俺が死んだらどうするよ?」と聞いてきた。一瞬返答に困ったが、「俺が死に際見取ってやるよ」と冗談ぽく言った。

Kの話しでは、Kのオヤジさんも爺さんも嫡男で、15の誕生日には同じように座敷に缶詰だったらしい。

2人とも全くその日の記憶が抜けていて、何も憶えていないとの事だった。

俺は今日一日Kと一緒に過ごすと決め、食料とタバコの買出しにコンビニへ向かった。

コンビニから戻ると、何やら座敷の方が慌ただしい様子だった。何やらエライ坊さんが来て、結界だの魔よけだの準備をしていた。

Kはと言うと、酒を頭からかけられ灰をかけられ、物凄い状態になっていた。

Kが体を洗って帰って来ると、2人でお札がビッチリとはられた座敷へ戻った。

特にやる事が無いのでDESPERADOのDVDを観た。座敷の前では、近所のオッサンどもが順番で番をしていた。

特に何も起こらず、夜もふけて来た11時過ぎに便所に立って、戻るとふすまが開き、番をしていたオッサン2人が眠りこけていた。

まさかと思い座敷を覗くとKがいない。オッサン達をたたき起こし、家の人間にKが居ない事を告げた。

その日Kの家に詰めていた人間全員で、Kの捜索がはじまった。俺はバイクを飛ばし、すぐに海へ向かった。

海岸線の国道を走っていると、すぐに砂浜に立っているKの姿を見つけた。俺はすぐ携帯でKの家に連絡を入れ、Kに走り寄った。

「オイ、Kお前何やってんだよ」と肩をつかむと、物凄い力で振り払われた。

無言で振り返ったKを見ると、白目を剥きヨダレを垂れ流した状態だった。

これはヤバイとKを羽交い絞めにしたのだが、Kは海へと向かう足を止めない。物凄い力で海へと引きずられてしまった。

何を言っても聞く耳を持たないので、仕方なく後頭部を力一杯ぶん殴った。

4〜5発は殴ったのに、こっちのコブシが腫れ上がっただけでビクともしない。

そうこうしてる内に、大人達が集まって来た。

10人以上でKを取り押さえたのだが、引きずられるばかりで止める事ができない。

海水が胸位まで来た時、昼間の偉い坊さんが現れ、お経を唱え始めた。するとKは、意識を失った様に海に沈んでしまった。慌ててKを引き上げて浜へ上げた。

坊さんがKの額にお札をはり、お経を読み始めた。
読経は日が昇るまで続けられた。

読経が終わり、坊主がKの背中を叩き、「アイ!!」と気合を入れるとKが目を覚ました。

Kは目の前で何が起こっているのか、全く理解できていない様子だった。

「何故俺は海にいるのか?」
「何でお前まで水浸しなのか?」と、状況を理解しようと必死なようだった。

Kに昨晩起こった事を話すと、「マジ?」と唖然としていた。

本当に何も憶えていない様子だった。

それから町ではその話しで持ちきりだったが、すぐに噂は絶えて、誰もその事を口にしなくなった。

Kは今、北海道で牛を飼いながら元気に暮らしている。来年結婚するそうだ。

どうも、Kのオヤジさんと爺さんの時も、同じやり方で大丈夫だったらしいので、そのままやったみたいどえす。

ちなみにこの事件は、地元のローカル新聞にものりやした。

そんで、その坊さんは大もうけしたらしいです。