添乗員同行ツアーの場合、添乗員はお客さんと同じ宿に泊まることが多いのですが、バスガイドやドライバーは、別の民宿に泊まることがよくあります。

このように他のホテルなどに泊まることを「他館(タカン)」と呼びますが、この「他館」で起こった怖いお話です。
旅行シーズンということもあり、ホテルが満室でガイドさんやドライバーさんが別の民宿に泊まる事になりました。

その民宿は純和風の建物で、廊下側の窓越しに中庭が見えるという、風流な造りが自慢でした。

バスガイドが通された部屋は、10帖くらいの和室でした。

その部屋は、四方の壁に古い掛け軸が2本ずつ計8本も掛けてあり、その前には1体ずつ計8体の市松人形が飾ってありました。

「なぜ掛け軸と市松人形があるのだろうか、ただの飾りとは思えない」

バスガイドはそう感じたそうです。

彼女に何が起こったのか?以下は彼女の証言です。

「ちょっと異様な空気がしたんだけど、私は霊感があるほうじゃないし、特に気にしないでそのまま寝ることにしたの。
電気を消して、床につくと天井に8人の人間の顔が浮かんでた。

部屋は真っ暗だったのに、全員の表情がはっきりとわかった。

武士、江戸時代くらいの若い女性、痩せた赤ちゃん、5歳位の女の子、旧日本兵、40歳位の紳士、白髪の老人、髪の長い若い女性…。

そのうち7人はただ私をじっと見てるだけで、悪意は感じなかった。

だけど、1人は違った。長い髪の若い女がすごく怖い顔で、私を睨み付けていた。

そして、いきなり私の顔に向かって突進してきたの。

そのあとのことは覚えていなくて、私はそのまま失神してしまったみたい。

目を覚ましたときには朝になっていて、まわりを見渡したらゾッとした。

部屋に飾ってあった8体の市松人形の1つが、私の枕元に転がっていたの。」