今から5年ほど前、バイトが終わると友人たちがたむろしている場所にしょっちゅう出向いていた。

約10名ほどの仲間で毎日夜な夜な集まり、バイクで遊びに出かけていた。
その日は夜に雨が上がったので、僕ははやる気持ちでバイクにまたがり、根城である町田宅へ向かった。

町田の家へ行くと、今日はめずらしく僕と林しか集まっていなかった。

「今日は路面濡れてるから、峠は無理だな。」

「どうする?3人だし。」

「肝試しは?先輩から聞いたんだけど、哲学堂が出るらしいんだわ。」

公園内にある哲学堂では、老婆が夜な夜な徘徊しているという話だった。

なんでも未婚で妊娠してしまい、 哲学堂のトイレで出産したらみにくい子が産まれ、そのまま捨てて逃げた。

やがて精神を病んで精神病院に入退院の繰り返し。

晩年は哲学堂を徘徊し、そして哲学堂の桜の木で首つり自殺をした。

それ以来、夜な夜な「ぼうや…、ぼうや…」と老婆が囁きながら徘徊してるとか…。

哲学堂には入口に幽霊と天狗の像があったり、あの世とこの世を結ぶスポットとも言われていて、なんだか興味がわいてきたので3人で行くことになった。

出発した時刻は深夜2時。
残念ながら哲学堂は閉まっていた。

僕たちは入れそうなところを探そうと公園内をうろうろした。

「入れそうなとこないなー。」

「ちょっと待った、便所。」

しばらくすると便所の方から声がした。

「早く来てくれ!これ何だと思う?」

トイレに向かうと、そこにはどす黒い鮮血に染まった毛布らしきものがあった。

なにかをくるんでいるような感じで、洗面台の上に置かれている。

「これ血だよな…」

「おい、なんか来た!!」

推定2メートル近くありそうな、男か女かも分からない物体が走ってきたのだ。

「逃げろ!!」

公園内から出られる通路を走り抜け、バイクを駐車してる場所まで一気に逃げてそのまま走り去った。

「あの毛布の中身。何だったんだよ?」

「単なるペンキかも知れねーし。警察に言ってもな。」

「オレらが疑われるわ。それにあの暗闇で走ってきたのなんだ?」

「超怖かったよ、まだ追いかけてくる気がするよ。」

「取りあえず黙っておこう。事件だったらニュースになるはずだし。」

「そしたら名乗り出ればいいしな。」

それから5年。
新聞に出ることはなかったが、あれが何だったのか謎は解けないままだ。

哲学堂は今でも有名な心霊スポットだが、興味本位で行かないほうがいいと思う…。