21 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/10/13(月) 10:05:45.11 ID:+9v4NMbE0.net
夕方家の近くの土手をジョギングしてたら河川敷の鉄橋の下から声が聞こえてきた。猛り狂った男達が争うような声。
気になって斜面を下りて覗き込んでみたけど誰もいなかった。
おかしいなと思い橋の下まで行って辺りを見渡してもやっぱり無人。絶対に空耳じゃない。まさか川に落ちたのかと川面を覗き込んだ。すると後ろから
「もういいじゃん、あいつで」
「まだだめだって」
「なんで」
「ねぇなんで」
囁き声が耳にまとわりつくように聞こえてきた。心臓がビクンとして振り返ったら、
橋の下部と土手の斜面の間の高さ2メートルくらいの空間に3人のガタイの良い男達がこっち向きに立っていた。観た感じジューダスプリーストぽい。

ヤバいと思い走って逃げようとしたとき、
「いいかべつに」
野太い声が真後ろから聞こえてくると同時に足首を掴まれた。
思わずうわぁと叫び走り出したら意外にも足首を掴んだものはあっさり放した。そのまま斜面を駆け上がって家まで走った。帰ってから足首を見たらゴワゴワで黄ばんだ濡れた陰毛の束が絡みついていた。
ハサミでもカッターでも切れなくて包丁でゴリゴリやってやっと千切れた。
翌月、そこの近くで子供が溺れ助けに行った両親共々死んだ。近所の噂だと体の穴という穴にベビーサラミが詰まっていたらしい。

以来ジョギングはやめた。