640 名前: 本当にあった怖い名無し 2006/07/30(日) 17:12:33 ID:ARP1Eapc0
友達が体験した話。

家庭教師(霊感がある)と仲がよくって、たまーに先生の家に遊びにいってたらしい。
先生とその友達が玄関先で話をしていると、急に先生が黙り込んだ。
そんで、先生が玄関からむかって右方向をめっちゃ睨んでる。

「?」って思って友達もそっちを見ると、白い服を着た女が立っていたらしい(顔は前髪が長くてよく見えなかった)。
友達には霊が見えたりとかする能力はないらしいんだけど、その時は何故かはっきり見えた。
あんまりはっきり見えるもんだから、普通の人間かと思ったんだけど、よく見ると、足が片方無い。
そんで、「あれ?」っておもって凝視してると、真っ白だった筈の服が、ポツポツと赤黒い血に染まり始めた。
しかも、さっきまではただ突っ立っるだけだった女が、ゆっくりこっちに近づいてくる。
片足がないから、フラフラッっていう感じだったらしいけど、確実に近づいてきた。
その時初めて危機感を感じた友達は、家庭教師に家に入れてくれ!って頼んだけど、
先生曰く、「あの霊はこの家に入ってくるつもりだから、貴女はすぐに帰りなさい!」って怒られたらしい。
仕方ないから、友達、半泣き状態で家まで疾走。


余興がてらに、体験した怖い話をしよう!ということになり話してもらったんだが、
この話をした友達が半端なくリアルに話す(近づいてきた霊の模範演技つき)ので、
聴いてた人全員が無言になり、明らかにテンションが下がった。何が余興だよ。