820 名前: ◆5JerLNBgrg 2006/08/28(月) 22:25:45 ID:hyIKcp/Y0
この話は私が交通事故の野次馬をしに行ったことから始まる。

某飲料メーカーの搬送トラックが道の脇に停めてあった。
そして路上には 毛布を掛けられた小さな遺体が横たわっていた。
近所のおばさんがひそひそと話している声が耳に入る。

…頭をひかれて 即死やったげな。
…苦しまんかっただけ ましやったんかねぇ。

来なければ良かった、聞かなければ良かった、見なければ良かった。
警察官が 赤、白、桃のパーツを拾い集めて、
黒いビニール袋に入れるのを見届けた。

道路には 随分あとまで 丸い染みが残っていて、
雨で濡れた日には 特にそれが際立った。

821 名前: ◆5JerLNBgrg 2006/08/28(月) 22:29:18 ID:hyIKcp/Y0
しばらく経って、その事故の記憶が薄れてきた頃、
霊感が強いと有名な知人Kが私の家に遊びに来た。
Kと共通の友人であるMが遊びに来た時に部屋の中で撮った写真を見せてみた。

その写真には、いろいろなものが写っていたのだそうだ。
K「この壁のところ、ドラえもんみたいな
  ぼんやりした顔がある。ここにも顔。ここにも写っとる」
私には解らないが、Kにはハッキリとそれらが見えるらしい。
写真を指差して、説明してくれた。
K「でもね、一番気になるのが居ってね、これ。
  (写真の左端を指し、)
  男の子がおるんよ、目つきが悪いから
  良いものじゃないと思うんやけど。心当たり、ある?」
私「3つの時に亡くなった叔父さんがおると聞いてるけど?」
K「んー、その叔父さんじゃないと思うよ。
  もっと大きくて、この子6歳くらいじゃないかねぇ」
私「6歳???そんなん、まるで心当たりがないよ;
  どこかから ついてきたんかねぇ…」

824 名前: ◆5JerLNBgrg 2006/08/28(月) 22:33:07 ID:hyIKcp/Y0
そう言って、はっと気づいた。
もしやその男の子は…、と口に出す前に
Kが「あっ!」と驚いたように声をあげた。
私「何?」
K「(私)ちゃんが『あっ』って言った瞬間に
  男の子の頭が、上の方からスーッと消えてった…」
私「ウッ…じゃあ、間違いないやん」
Kに、あの事故の話を聞かせた。

実話ですよ。