314 本当にあった怖い名無し New! 2007/02/07(水) 19:26:09 ID:ldaf7b6O0
洒落にならない話ね~

俺が小学生のころのはなしね

ある日の休日にいとこの家に行った。その日に七夕祭りって言う祭りがあった。
想像する以上ド田舎で、住人は50人ぐらいしかいない場所だ。
大人達は神社の上の建物の中にいて、酒を飲んでいた。もう夜遅く時計の針は12時を過ぎていた。
田舎なのでクワガタよくでて僕といとこは神社の方に言った。
(何故なら神社は山の坂に出来ていて急な坂になっているのだ。)
俺といとこは小学生だから
怖かったけど神社まで走って向かった。鳥居を越えて大きな街灯?見たいな場所に行った。
居る居る大収穫だった。急いで戻って鳥居が見えかかろうとしている時に!鳥居何かがしがみ付いている。
焦った、、心臓バクバク鳴らしていとこと俺は悩んでいる。
決意を決めいとこと「うわぁぁぁぁぁぁ」と言いながら猛ダッシュした。
鳥居をくぐった瞬間いとこが「ドテっ!」と転んだ。いとこは腰を抜かして動けない。

317 本当にあった怖い名無し New! 2007/02/07(水) 19:40:34 ID:ldaf7b6O0
いとこは泣くにもなけない。何故ならその鳥居にしがみ付いていた奴が、「ヒタっヒタっ」と音を立て接近してきているのだ。
俺はいとこの腕を掴み走った、死ぬほど走った。家の中に入った。「フー」と胸をなで下ろし、収穫したクワガタを見た。
「ベチャァ」クワガタじゃない。蛾の潰れた黒い内臓を出した奴だった。
すぐに玄関開け投げた。.....奴がいる、今近くで確認したらよくわかる。
真っ赤な布切れを被りこの世の物とは思えない顔をした奴が。
怖くて息も出来ないそしたら奴が「ぐえぇうえぇぶゥえぇ」と怪音を出し。家の中に入ろうとして来た。
そしたら、いとこのじいチャンが「これ、おめぇの来る場所じゃァねえぞう!!!」怒鳴りつけた。
「るなるなるなるなるなるなるな」と言い物凄い速さで道路を走って消えたじいチャンに怒られた。
「あれはなんだったの?」と言ったら、「あれは動物の怨霊だ」と言った。
どうやら昔、畜殺場あったらしく、俺が勘違いしてて、神様を崇める
祭りではなく、家畜の鎮魂するための祭りだったのだ。