私はかなりのおっちょこちょいです…。

例えば、玄関の鍵の閉め忘れがしょっちゅうで…、洗濯物を干した後に窓を閉め忘れた為に、家族が寒い寒いって騒いでいたり…肝心な時に1番大事なモノを家に置き忘れる…などキリがありません。

何年間か前、まだ子供達が小さかった頃に、夫の出張が増えてしまい、ほとんどわたし1人で家事、育児、パートをこなす日々で疲れていました。
夫は心配で毎晩のように戸締り、火の元の確認を電話でくれました。 


そんな夏のある日。 
私は真夜中に夢を見ました。 
それは、私が夜中に起きてトイレへ行くと、玄関がそっと、ゆっくり開くのが見えたので、私はヤバイ!と驚いて走り寄りました。 
玄関には、青白い顔をした男性がドアを半分開けて覗いています。 
しかも、芥川龍之介のような恰好…なんというか甚平のような服、昔の人というのが分かりました。
彼は何をするでもなく、じっと青白い顔でドアから覗き込み私を見ています。
今でも忘れられないのですが、どちらかというと怪訝な表情をしていました。 
私は慌てて、どうしよう、殺される、また鍵の閉め忘れやってしまった、取り返しがつかない、
と夢の中でパニックになり、そこで目がパチっと覚めました。

夢って何にしても大体現実とは違う様や設定が多いのですが、その日見た夢が自分の中で近年稀に見るリアルさでした。
目が覚めるまで現実なんだと思っていたし、夢の中で玄関から顔を出していた男も、さっき本当に出会ったような不思議な感覚でした。
なんだか胸騒ぎがした私は、まさかと思って玄関を見に行きました。 

すると、やっぱりその日私は玄関の鍵をかけられていませんでした。
玄関のドアがほんの少し開いていたのです。

夕方に確認したのですが、夜に宅急便が来たのでその後に掛け忘れて、そのままだったのです… 。ちょうど夜中の2時くらいでした。 
あの時の感覚は言葉に表す事が出来ません。

ここは関東で治安もあまり良くない所だと思います…
夜間の戸締りを怠れば、運が悪ければ空き巣や殺人犯に入られていてもおかしくないです。

偶然かもしれないし、戸締りを心配した心理がその夢を見させたといえばそれまでですが、 あの時心配そうに玄関前で私を見つめていた色白の男性の顔や表情が、夢と現実の狭間のようで未だに忘れられないです。 

ただ、あれから夜の戸締りを忘れる事が無くなりました。